(C) 2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

写真拡大

阿部寛が伝説のクライマー・羽生丈二を演じた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の本編映像が解禁となった。

[動画]阿部寛が吠える!『エヴェレスト 神々の山嶺』本編映像

原作は、全世界で翻訳され、ベストセラーとなっている夢枕獏の「神々の山嶺(いただき)」。映画化が望まれながらも、そのスケールの大きさから実現していなかったこの原作を『愛を乞うひと』の平山秀幸監督が映画化。実際にエヴェレストに飛び、高度5200m付近やカトマンズでの撮影も行いながら極限に挑んだエンターテインメント大作だ。

主人公は岡田准一演じる野心家の山岳カメラマン・深町。彼がネパールの首都カトマンズで伝説化した孤高のクライマー・羽生丈二に出会う。そして、すべてをエヴェレストに賭け、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生の過去を調べるうち、深町は彼の壮絶な生き様に飲み込まれていくというストーリーだ。

解禁となった映像では、エヴェレストに憑りつかれた羽生の生き様がセリフとなって映し出される。「山やらなきゃ死んだも同じだろ」「お前はスポンサーのために山に登ってるのか」など。その一方で「1番目じゃなきゃ意味がないんだ。誰かの後なんて俺は我慢できない」とのたまい、かつての仲間から「山屋としては完璧だった。人間としては最低だったけどね」と言われるなど、山登りの天才ではあるものの、人間としては欠落した部分がある羽生の姿が浮き彫りになっていく。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日より全国公開となる。

山岳小説の最高峰「神々の山嶺」を実写映画化。来春からネパール他で撮影
岡田准一、阿部寛、尾野真千子が邦画初となるエヴェレストでの撮影に挑戦!
超人登山家メスナーが来日、死と隣り合わせの偉業について語った
[動画]映画『エベレスト3D』予告編