こんもり盛られた納豆がインパクト大の「友部黒醤油なっとうラーメン」(700円)

写真拡大

常盤自動車道・友部サービスエリア(SA)上り線にあるフードコートでは「友部黒醤油なっとうラーメン 」(700円)が人気だ。ラーメンの上に納豆が載っているインパクトある見た目で、かつ素材にこだわっている。

【写真を見る】茨城の海の幸やオリジナルグルメを堪能できる友部SA

麺は、地粉を使ったオリジナルのもの。スープには厳選された素材を使用し、3年間醸造して作られる、茨城県古河産の大橋醤油を使用している。

また、トッピングの納豆は、食感と香りを最大限に楽しめるよう、あえてつぶ納豆ではなく、ひきわり納豆を使用している。ちなみに納豆には、血液をサラサラにするナットウキナーゼや骨を強くするビタミンKが含まれており健康的。

一口食べてみると、ひき割りの納豆が麺によく絡み、黒醤油スープとの相性も抜群だ。

営業時間は24時間。友部SAでは、他にも常陸の海をテーマに、茨城県の海の幸などを取り揃えている。また敷地内には武家屋敷と蔵をイメージした建物もあり、一見の価値ありなので、ドライブの休憩や食事に、一度立ち寄ってみてはいかがだろうか?【東京ウォーカー】