“13人目の負傷者”ルーニー、最大2カ月の離脱か

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドに大打撃だ。ヒザを負傷したイングランド代表FWウェイン・ルーニーが最大2カ月の離脱になるようだ。

▽ユナイテッドは、18日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでミッティラン(デンマーク)とのアウェイ戦に臨むが、この遠征メンバーからルーニーが外れた。イギリス複数メディアがヒザの負傷で最大2カ月の離脱となると伝えている中、ファン・ハール監督が『MUTV』でルーニーの状態について言及した。

「我々は現在、13選手が負傷している。そのうちの1人がルーニーだ。(どのくらいの離脱になるかは)言い切ることができない」

「彼にはヒザの問題がある。我々は、静観する必要がある。彼は我々にとって非常に重要な選手だ。多くのゴールを挙げていることを我々は知っている。だが、ルーニーの離脱に対応しなければならない」

▽ユナイテッドは現在、プレミアリーグで4位のマンチェスター・シティから6ポイント差の5位に位置しており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しい状況。ELを制することができればCL出場権を確保できるが、最近の9試合で7ゴールを記録していたエースの離脱がチームに与える影響は小さくないはずだ。仮に2カ月の離脱となれば、28日のアーセナル戦はもちろん、3月20日に予定されているシティとのダービーにも出場できないことになる。

▽なお、ファン・ハール監督は13日のサンダーランド戦で交代したDFマッテオ・ダルミアンについて、「肩を脱臼した。だが、重傷ではないから、運が良かった。離脱することになるがね」と語り、病気のDFキャメロン・ボースウィック=ジャクソンもミッティラン戦で起用できないことを明かしている。

▽ユナイテッドでは、DFギジェルモ・バレラ、DFフィル・ジョーンズ、DFマルコス・ロホ、DFルーク・ショー、MFアントニオ・バレンシア、MFバスティアン・シュバインシュタイガー、MFアシュリー・ヤング、MFアドナン・ヤヌザイらが負傷中となっている。