宮根誠司氏

写真拡大

17日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のコーナーを思わせる新企画がスタートし、司会の宮根誠司氏が呆れる一幕があった。

番組では、芸能ニュースを報じた後、スタジオには宮根氏の似顔絵が描かれた1万円札を模したボードをはめ込んだパネルが登場。パネルの上部には「新企画オカネ屋スタート」の文字があった。

宮根氏は「今日からはじまる新企画『オカネ屋』スタートということで、オカネのさまざまな事情をお伝えしたいと思うんですが…」と、企画の趣旨を説明した。

ところが、その直後に宮根氏は「これ、『めちゃイケ』でやってたんですよ、最初ね。(我々の)パロディで」「逆パクリってこと?逆パロディってこと?おかしくなっとるやん!」と、ツッコミを入れて笑いを誘った。

宮根氏の言う通り、以前「めちゃイケ」では、「情報ライブ オカネ屋」というミヤネ屋のパロディコーナーがあり、ナインティナインの岡村隆史が、宮根氏の立ち居振る舞いをコピーしていた。その「めちゃイケ」のパロディ企画を、本家の「ミヤネ屋」が逆輸入した格好になる。

CM明けのコーナー冒頭も、宮根氏は「『めちゃイケ』からパクらせていただきました!岡村隆史さん、どうも申し訳ありません!」と呆れた様子を見せつつも、パクリコーナーであることを自虐的に語って、再び笑いを誘っていた。

【関連記事】
宮根誠司氏、岡村隆史が手がける自身のパロディーに敬意
宮根誠司氏が清原和博容疑者のタトゥーに激しい違和感「なんでなんだろう」
宮根誠司氏が「なんでも鑑定団」の騒動にチクリ「生番組はカットなくていい」