17日、中国が南シナ海・西沙諸島の永興島に地対空ミサイルを配備したとの報道をめぐり、中国の王毅外相は「ニュースを作るようなことは止め、中国が南シナ海で提供する公的サービスにもっと関心を持ってほしい」と語った。写真は王毅外相。

写真拡大

2016年2月17日、中国が南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島の永興(同ウッディー)島に地対空ミサイルを配備したとの報道をめぐり、中国の王毅(ワン・イー)外相は「西側メディアはニュースを作るようなことは止め、中国が南シナ海で提供する公的サービスにもっと関心を持ってほしい」と語った。環球時報が伝えた。

米FOXニュースは16日、中国が実効支配する永興島に地対空ミサイルを配備したと報じていた。

王外相は南シナ海での灯台建設に言及し、船舶の安全な航行への貢献を主張。「近く建設する気象観測施設がより注目されることを希望する」とも語った。(翻訳・編集/野谷)