北海道大学の河原純一郎特任准教授と中京大学の宮崎由樹助教は、マスクを着用すると顔の魅力が下がることを明らかにした。

 風邪や花粉症対策といった機能に加えて、マスクにはデザインや見た目などの装飾品としての機能も重視されるようになってきている。マスクは口元を隠すため見た目の魅力を損なう可能性があるが、逆に装着した方が魅力が高いと主張する立場もある。

 今回の研究では、白色のマスクを付けた20〜30歳の顔画像(男性66名・女性66名)を画面上に映し出し、男女合計210名の評価者が画像1枚ごとに感じる外見的魅力や健康さを評価する実験を行った。

 その結果、性別に関わらずマスクを付けた顔画像の方が、マスクを付けない顔画像よりも外見的魅力が低く評価された。さらに元々魅力の高い顔画像の方がより魅力の評価の低下が大きいことが分かった。

 こうした効果が起こるのは、2つの原因が考えられるという。1つはマスクを装着することで見た目の健康さが下がり、ネガティブな印象を生むというもの。もう1つは個人差に関わる要因で、肌の状態が良いなどもともと魅力的な特徴がマスクで隠されると、その人の魅力は下がる。一方、肌の傷やニキビなどが隠されることで、魅力が上がる可能性がある。これらの2つの要因が合わさって、マスク装着が見た目の魅力に及ぼす効果が生じていると考えられるという。