16日、米フォックスニュースは、中国が南シナ海・西沙諸島の永興島に地対空ミサイルを配備したと報じた。写真は永興島。

写真拡大

2016年2月17日、環球時報によると、米フォックスニュースは16日、「中国が南シナ海・西沙諸島の永興島(ウッディー島)に地対空ミサイルを配備した」と報じた。

イメージサット・インターナショナルの衛星画像を根拠としており、8基の発射装置なども確認された。今月3日の画像にミサイルは写っておらず、14日にはこれが確認されたことから、ミサイル設置は先週の間に行われたもよう。米政府関係者は画像の信ぴょう性を認めており、「写っているのはHQ−9(紅旗9)。ロシアのS−300とよく似た長距離地対空ミサイルだ」と指摘している。

中国外交部の報道官は16日、南シナ海での活動をめぐり「(島には)国防に必要な施設を整備する。これは自衛権の行使だ」と発言した。(翻訳・編集/野谷)