2016年シーズン、最初のビッグニュースが飛び込んできましたね。ご存知の方がほとんどかと思いますが、ルノーがワークスチームでF1に復帰します。

2月15日発売の[F1速報シーズン展望号]では、ルノーF1チームを大特集! 今回はたくさんある特集ページの中から、いくつかピックアップして皆様にお伝えしたいと思います(^^

2010年いっぱいでロータスチームを譲渡し、ワークス活動を休止したルノー。そのロータスからチームを買い戻すかたちで、今シーズンからF1に参戦します。

f速1

2月3日フランスのギャンクールに建つルノー・テクノセンターで、F1チーム発足発表会が行われました。なぜルノーはフルワークスチームとしての復活を決めたのでしょうか?

ルノーグループのカルロス・ゴーンCEOは、「すべてを最高のもので揃えるには、ひとつのチームとして活動することが有効です。また、エンジン・サプライヤーは多くの努力をしても得るものが少ないと言えます。これもまた、カムバックを決めた理由のひとつです。」 と語っています。

無題

また、「16年シーズンを戦うR・ S・ 16で奇跡を起こせるとは考えていません。間違いなく時間はかかることでしょう。」 と考えるゴーン氏。

「しかし、私たちルノー・ グループには必要なものがすべて揃っています。なにより、これまでに数多くの栄冠を勝ちとってきた私たちは、勝利を収めるための術を知っているのですから。」 と自信もみせています。

ルノーがどのようなパフォーマンスをみせてくれるのか、今から楽しみですよね。個人的にはルノーとマクラーレン・ ホンダ、どちらが早く復活するのかも楽しみポイントの一つです。

ルノー特集、まだまだ続きます。

f速2

ルノーがF1でワークスチームを走らせるのは、今回で3期目。80年代、90年代、そして00年代ワークス2期目で2年連続王者に輝いたルノーの歴史を振り返ります。

f速6

私がF1を見始めたのは、2006年。ルノーといえば、青! フェルナンド・アロンソ選手! のイメージが強いです。

青いマシン、かっこいいですね。2005年、2006年にダブルチャンピオンを獲得した、ルノーとアロンソ選手。当時絶対的な強さを誇った、フェラーリのミハエル・シューマッハ選手との激しいチャンピオン争いでF1を盛り上げました。

f速3

2007年からはレッドブルへのエンジン供給も行い、2010年〜 2013年まで4年連続でダブルタイトルを獲得。ワークスチーム、エンジン供給ともにチャンピオンを獲得しているルノーの底力をどこまで発揮してくれるのでしょうか。期待が高まります。

最後にプチ情報。F1の4コマ漫画があるってご存知ですか? その名も【グランプリ天国】 。F1速報に毎号掲載されているんです。

f速5 DSC_0042

実際に起こった出来事に少しだけ(?) デフォルメが加えられ、面白おかしくなったF1の4コマ漫画。ドライバーの絵がとにかく可愛い! ドライバーのキャラクター設定も思わずクスッと笑ってしまうほど(^^   私が毎号楽しみにしているページの一つです。

【グランプリ天国】 のカレンダーも発売中(もちろん購入しましたよ) ! ぜひこちらのページもチェックしてみて下さいね。

F速7

更に! 今回のF1速報も【右京の部屋Vol.2 】 DVD付き! 今回は鈴木亜久里氏、浜島裕英氏、佐藤琢磨選手と超豪華ゲストが登場します。

F1速報“シーズン展望号” は読み応え、見応えたっぷりです。さぁ、今すぐ本屋さんへダッシュ!

(yuri)

【関連URL】

F1速報 シーズン展望号 | 三栄書房
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8708

【F1速報×F1女子〜シーズン展望号〜】カルロス・ ゴーンCEOがワークスチーム復活への熱い思いを語る!(http://clicccar.com/2016/02/17/353803/)