17日、AP通信は北朝鮮が事実上の弾道ミサイルを発射したことについて、韓国の朴槿恵大統領が行き過ぎた強硬姿勢を取り続けた場合、北朝鮮を激怒させる恐れがあると指摘した。資料写真。

写真拡大

2016年2月17日、米AP通信は北朝鮮が事実上の弾道ミサイルを発射したことについて、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が行き過ぎた強硬姿勢を取り続けた場合、北朝鮮を激怒させる恐れがあると指摘した。参考消息網が伝えた。

朴大統領は北朝鮮のミサイル発射に対し、韓国が「強硬かつ有効な措置を取る」と表明。核に対する北朝鮮の野心は「政権交代を招くことになる」と主張した。具体的にどんな措置を取るかは明言していない。16日は北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日にあたるため、北朝鮮が激怒したことは疑いようがないとしている。

韓国・聯合ニュースによると、朴大統領はミサイル発射後の演説で「金正恩(キム・ジョンウン)第1書記ら指導部と核問題は韓国人を恐怖に陥れている。韓国は北朝鮮のだましと威嚇を受け入れるべきではない」などと強く北朝鮮を非難していた。(翻訳・編集/大宮)