17日、米軍の高高度防衛ミサイルの韓国配備に中国は反対の姿勢を示している。

写真拡大

2016年2月17日、人民日報海外版によると、韓国で第7回中韓外務当局ハイレベル戦略対話に出席した張業遂(ジャン・イエスイ)外交副部長(外務次官)が16日、新華社の取材に応じた。

張副部長は「現在、朝鮮半島情勢は非常に複雑で敏感だ。中国側は一貫して朝鮮半島の非核化実現、平和・安定維持、対話と協議を通じた問題解決を堅持している。中国側は安保理が早急に新たな力強い決議を採択することを支持する。制裁自体が目的ではなく、やはり対話と交渉を通じて問題の根本的解決法を見出す必要がある」と述べた。

また、「米韓がミサイル防衛システム『THAAD』の韓国配備について協議入りしたと発表したことに、中国側は重大な懸念を表明する。THAADが韓国に配備されれば、地域の緊張が激化し、中国の戦略・安全保障上の利益が損なわれ、地域の他の国々の安全保障上の利益も損なわれる。中国側はこれに明確に反対する。関係国が中国側の懸念を重視し、慎重に事を運ぶことを望む」と表明した。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/武藤)