メルセデス・ベンツの中核SUVであるMクラスがビッグマイナーチェンジを機に、GLEに改名。同時に、パワートレーン(グレード含む)の整理だけでなく、エクステリアやインテリアも変更されています。

外観ではフロントグリルやバンパー、ヘッドライトなどを変更し、スタイリッシュになっています。Mクラスの時よりもオフロード色を薄め、よりオンロードSUV的な、都会的な雰囲気が漂います。

とくにフロントディフューザーの形状などは角が取れて、適度な丸みを帯びたデザインになっています。

インテリアでは、メルセデス・ベンツ最新のCOMANDシステム(タッチパッド付)をセンターコンソールに配置し、5つの走行モードをチョイスできる「ダイナミックセレクト」ダイヤルも新たに用意。

20151211MB GLE_003

ディスプレイも独立式モニターに変更されていますが、2眼式メーターなどは従来のMクラスから踏襲。

GLE_CLASS_04

GLE_CLASS_02GLE_CLASS_01

安全装備は従来どおり、レーダーセンサーを使った最新の先進安全装備が採用されています。

メルセデス・ベンツが「インテリジェントドライブ」と称する先進安全装備の中核を担うのが自車の周囲360°をカバーする複合的なセンサーシステム。フロントスクリーン内側のステレオカメラは、最大500mの範囲で大まかな様子をモニターできるほか、ふたつのカメラで車両前方約50mの範囲を立体的に補足。

20151211MB GLE_016

さらに、レーダーセンサーは、フロントとリヤバンパーの側面に内蔵された25GHzの短距離レーダーと、グリル奥の77GHzの中・長距離レーダーが1つ、リヤバンパー中央の25GHzマルチモードレーダーが1つの、合計6個が搭載されています。

20151211MB GLE_014

これらのセンサーによりアクセルとブレーキはもちろん、ステアリングも自動でアシストする「部分自動運転」というべきドライバーサポート機能を搭載。自動追従型クルーズコントロール「ディストロニック・プラス」にステアリング操作をアシストする機能も追加され、同機能はメルセデス・ベンツのSUVでは初めて採用されています。

GLE_CLASS_03

こちらは、約60km/h〜200km/hの速度内で作動し、車線をはみ出すとステアリングを振動させることで車線逸脱を警告し、さらにドライバーが操作を行わないと車両が補正ブレーキを作動させて車線内に戻すもので、メルセデス・ベンツらしく正確な制御に仕上がっている印象。

そのほか、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」が全車に標準装備されています。

20151211MB GLE_003GLE_CLASS_01GLE_CLASS_0420151211MB GLE_006GLE_CLASS_03GLE_CLASS_0220151211MB GLE_01620151211MB GLE_01420151211MB GLE_013

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【関連記事】

■ディーゼルと5.5L V8ガソリンターボのみにしたメルセデス・ベンツGLEに勝ち目はあるか!?
http://clicccar.com/2016/02/15/354292

メルセデス・ベンツGLEに「部分自動運転」に近づく装備を標準装備(http://clicccar.com/2016/02/17/354449/)