福士加代子の挑戦に苦言も続々(ワコールHPより)

写真拡大

 陸上選手・福士加代子(ワコール)が1月31日に開催された大阪国際女子マラソンで叩き出した優勝タイムは2時間22分17秒。リオ五輪代表の座をほぼ確実にしているにもかかわらず、最終選考レースである3月13日の名古屋ウィメンズマラソンに出場するという。この判断については「無謀で無意味」といった意見も陸上関係者からは出ている。

 2時間22分台でフルマラソンを走る選手が中40日で再びレースに出ることは、選手生命を脅かす肉体的な負担となる。スポーツ科学が専門の桐蔭横浜大学・桜井智野風教授が語る。

「鍛え抜かれたマラソン選手でも、フルマラソンを走れば筋損傷を起こす。回復するには2〜3週間はかかります。回復前にまた走ると、走ることは走れても、ダメージはかなり大きくなる。ケガのリスクも高くなります」

 大阪国際で中継の解説を担当したスポーツジャーナリストの増田明美氏も名古屋出場に警鐘を鳴らす。

「あの瀬古利彦さんでさえ、暑さ対策が求められていたロス五輪の前には腎臓を壊し、レースの1週間前から血尿が止まりませんでした。マラソンは内臓疲労も起こすんです。自己ベストを大幅に更新した福士さんは、筋肉だけでなく内臓も疲れきっているはず。名古屋も走ろうなんて自殺行為です。

 それに、福士さんの大阪での成績は十分に“内定”に値します。陸連も内心はそう思っているけれど、今ははっきり言えないだけ。私は、福士さんは名古屋を走らないと信じています」

 名古屋に強行出場することのデメリットは他にもある。リオ五輪をベストコンディションで迎えられなくなる可能性が高いのだ。

「福士は昨年10月のシカゴマラソンも走っているので、約半年の間に3回もフルマラソンを走ることになる。ここで蓄積した疲労がどう出るか。名古屋から8月のリオ五輪までは準備期間も短いですし、もし、名古屋で圧倒的な走りを見せることができなければ、『五輪の舞台でベストを出せるのか』と陸連が難色を示すかもしれない」(スポーツ紙記者)

 では、名古屋に出場するほかの選手たちは、福士が大阪で出したタイムを上回ることができるのか。

 最大のライバルと目されていたのは、昨年の名古屋で2時間22分48秒の自己ベストを出した前田彩里(ダイハツ工業)だったが、故障のためすでに欠場が決まっている。スポーツライターの酒井政人氏が解説する。

「今のところ有力視されているのは、アテネ五輪金メダリストの野口みずき(シスメックス)と、2013年の名古屋で優勝した木崎良子(ダイハツ工業)、そして、2014年の横浜国際で優勝した田中智美(第一生命)。この中で注目は木崎です。調子が整えば、名古屋のコースは平坦ですし、派遣記録突破の可能性は十分ありえます。ただ、3月なので気温が上がるとタイムを落としかねません」(酒井氏)

 もし木崎が記録をクリアしても、残る2枠を福士と木崎が分け合うことになるので、福士には名古屋を走る合理的な理由がない。

※週刊ポスト2016年2月26日号