写真提供:マイナビニュース

写真拡大

X線天文衛星「ASTRO-H」を搭載したH-IIAロケット30号機が2月17日早朝、ついに射点に姿を現した。衛星側の作業の遅れにより、予定より15分ほど遅く機体移動が開始。大型ロケット組立棟(VAB)から第1射点まで、500mほどの距離を約30分かけて移動した。打ち上げは同日17時45分に実施される予定だ。

本日の種子島宇宙センターの天候は曇りの予報。時には青空が広がり、時には大粒の雨が降るなど、変わりやすい天候となっているが、打ち上げのときには晴れてくれることを期待したいところだ。なお打ち上げ延期の原因となっていた強風は、ようやく収まってきており、特に支障は無さそう。

現時点(17日10時)で、打ち上げに向けた準備作業は順調に進んでおり、すでに9時20分ころより、推進剤の充填などを行うターミナルカウントダウン作業が開始されている。打ち上げの予定時刻は17時45分となっているが、気象等の状況によっては、最大18時30分まで遅らせる可能性もある。

関連記事
・X線天文衛星(ASTRO-H)(ASTRO-H)について詳しくはこちら
・H-IIAロケット30号機について詳しくはこちら

(大塚実)