名前はかわいいけど要注意!大人もかかる「りんご病」を知っていますか?

写真拡大

子どもの病気というイメージのあるりんご病。大人もかかる場合があります。

りんご病の正式名は「伝染性紅斑」で、ヒトパルボウイルスB19というウイルスによる感染症です。

大人の場合、多くは子どもからの感染によりますが、症状が若干異なり、重い症状がでます。
たとえば、子どものように頬が赤くならなかったり、関節痛がでるなどで、長引いたり辛い思いをしたりしますので注意が必要です。

症状


大人のりんご病の場合、子どもの場合とは症状の出かたが違います。

最初に38℃くらいの発熱が3日ほどあります。吐き気やめまい、身体のだるさが起きる場合もあります。
頬が赤くなることから「りんご病」と呼ばれているのですが、大人の場合は、頬が赤くなることはむしろ少なくて、風邪などと間違われます。

数日後、両腕や両脚に小さな発疹が出てきます。発疹にはかゆみがあり、1ヶ月ほど続くこともあります。
そのため不眠状態になり、辛い時を過ごします。

また、関節痛もでてきます。特に腰痛が顕著です。
痛みが強く生活に支障が出てしまいます。大体1週間位で自然に治っていきますが、一度治った症状がまた出てくることもあり3〜4週間続くこともあります。

診断が難しく、膠原病に間違えられることもあります。

感染源


大人が感染するルートで一番多いのが、子どもからの感染です。
また、プールなどで感染することもあります。

飛沫感染(咳やくしゃみ)、
接触感染(感染者の皮膚や粘膜を触る)

などが感染経路になります。

感染力は、潜伏期間中が一番強いのですが、その時にはまだ発疹が現れていないので、本人が罹患したことに気がついていないことがほとんどです。
発疹などが出て来た時は、もう感染力はないので、通常の生活を送って構いません。

妊婦の場合


妊婦初期に感染すると胎児に影響が出る場合がありますので、注意が必要です。
胎児にりんご病が感染すると約70%が流産や死産すると言われています。

治療


りんご病はワクチンがありませんので、罹患したら自然治癒を待ちます。
対症療法として、関節痛がある場合、皮膚のかゆみの強い場合は、薬が処方されます。

予防


5年毎に流行するといわれているりんご病、今年は流行の年に当たっています。
春先から初夏にかけて流行します。

一度かかったら抗体ができるので、二度かかることはないと言われていますので、自分に抗体があるかどうか、わからない人は病院で調べてもらいましょう。

成人の75%は抗体を持っていると言われています。
料金は保険がききませんが、血液検査で3000円〜5000円位です。

子どもがいる場合は、学校などで流行っているかどうか情報収集することも大きな予防になります。
外出時のマスク着用、帰宅後のうがい、手洗いを励行しましょう。

免疫力アップのためにストレスをためないように、また、規則正しい生活を送り、食事には気を配りましょう。


名前がりんご病というかわいいものですが、侮ってはいけません。
特に妊娠の可能性のある場合は、自分が幼い時にりんご病にかかったことがあるのか、不明ならばきちんと検査をするなど、自分のからだを知る機会にしましょう。

執筆者:南部洋子(看護師・助産師)
監修医:坂本 忍