16日、中国の女優チャン・ツィイーの夫でミュージシャンのワン・フォンが、元恋人モデルのゴー・ホイジエが彼ら夫婦への不満をぶちまけたことについて、「最初で最後」とする長文メッセージを発表した。写真1枚目はワン・フォン、2枚目はゴー・ホイジエ。

写真拡大

2016年2月16日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)の夫でミュージシャンのワン・フォン(汪峰)が、元恋人モデルが彼ら夫婦への不満をぶちまけたことについて、「最初で最後」とする長文メッセージを発表した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

チャン・ツィイーは昨年、ワン・フォンと入籍し、12月には第一子となる女の子を出産。このほど、ワン・フォンと義理の娘との仲良しスリーショットを中国版ツイッター上で発表した。義理の娘とは、ワン・フォンと元恋人でモデルのゴー・ホイジエとの間にできた10歳になる女の子だ。ゴー・ホイジエはこれまで、ワン・フォンについてSNS上で批判を繰り返しては話題をさらってきた。さらに今回は、批判の矛先をチャン・ツィイーへ向け、「なぜ私の娘と手をつないで幸せアピールするの?」などと不満をぶちまけている。

これまでゴー・ホイジエからの罵声に対して沈黙を守ってきたワン・フォンだったが、16日に中国版ツイッター上で彼女へ向けたメッセージを発表。彼女がこれまで娘に無関心だったことを例を挙げて語り、チャン・ツィイーが立派に母親役を務めていることを強調した。

これまで反撃しなかった理由についてワン・フォンは、「娘の母親という立場を尊重したかったから」と記している。また、ゴー・ホイジエに対しては、「娘が生みの母を恥じることのないようにしてほしい」としている。

ネット上では執拗(しつよう)にワン・フォンを罵倒するゴー・ホイジエに対し、その行為を非難する声が圧倒的に多い。だが一部のネットユーザーからは、「娘を大事にしてくれるチャン・ツィイーに少しくらい感謝したほうがいい」「もう諦めて自分の幸せを探したら?今のままでは自分を苦しめるだけ」「自分を愛せば、きっと人からも愛されるよ」などと、諭すような言葉も投げ掛けられている。(翻訳・編集/Mathilda)