「リバースローラー方式」による確実・高速読み取りを実現

写真拡大

ブラザー工業とブラザー販売は、ドキュメントスキャナー「JUSTIO(ジャスティオ)」2機種を2016年2月下旬に発売する。

薄い紙から厚い紙まで1枚ずつ、より確実に分離でき、安定した原稿搬送が可能な「リバースローラー方式」を新採用。従来モデルは毎分約24枚だった読み取り速度が、JUSTIOの上位モデル「ADS-3600W」では毎分約50枚と約2倍の、スタンダードモデル「ADS-2800W」では同約30枚と1.25倍の高速化を実現した。

タッチ対応の操作パネルを搭載し、よく使う機能や好みのページを「ホーム画面」に設定でき、スキャンまでの手順を減らせる。「お気に入り登録」からワンタッチでスキャン開始する「直接スタート」機能を備え、設定操作を繰り返す必要がない。

有線/無線LANを標準搭載し、複数のパソコン(PC)で共有できるほか、スキャンしたドキュメントを「Google Drive」や「EVERNOTE」、「Dropbox」などの各種クラウドサービスへPCを使わずアップロード可能だ。

「ADS-3600W」は近距離無線通信「NFC」機能を搭載し、対応の社員証などをかざすだけで「お気に入り登録」の呼び出しや、使用機能権限の切り替えなどを行える。

価格はいずれもオープン。