16日、台湾・新竹県で目撃された、トラックの荷台に乗せられた恐竜が話題となっている。

写真拡大

2016年2月16日、台湾・新竹県で目撃された、トラックの荷台に乗せられた恐竜が話題となっている。

目撃者の投稿動画では、ロープで固定された2頭の恐竜が荷台に乗っており、うち1頭が首や口を動かす場面が確認できる。この姿に目撃した住民は「目をこすって夢ではないことを確認するほど驚いた」と語っている。まるで生きているような動作を見せる恐竜だが、本物の恐竜ではなく、機械式の模型とのこと。

台湾メディアによると、トラックの運転手は「2頭はテーマパークに展示されていたが、14日に展示が終わり16日に撤去した」と説明し、保管場所に運送する際、荷台の恐竜を動かしたら住民が驚くだろうと考えいたずらしたという。動画が掲載されるとネットには「かっこいい!」「恐竜も良く見るとかわいい」などさまざまな声が寄せられた。(翻訳・編集/内山)