16日、未来のスターを生み出す映画大学の入学試験に、SNH48のチャオ・ジャーミンら有名人も挑んでいるが、学校側では優先を否定している。

写真拡大

2016年2月16日、未来のスターを生み出す映画大学の入学試験に、SNH48のチャオ・ジャーミン(趙嘉敏)ら有名人も挑んでいるが、学校側では優先を否定している。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

映画監督や技術者、俳優・女優やキャスターなどを生み出す映画大学の入試が15日、一斉にスタートした。女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)らを生んだ北京電影学院では、受験生の中に、SNH48のチャオ・ジャーミン、若手女優としてすでに名前を知られたチャン・シュエイン(張雪迎)、グアン・シャオトン(関曉[丹彡])らの姿があり、彼女たちの合否が今後は注目されることになる。

チャオ・ジャーミンは、昨年の総選挙で1位に選ばれた人気メンバー。受験会場には多くのファンが、応援のために駆けつけた。チャオ・ジャーミンによると、かねてから女優業に興味を持っており、数校を受験する予定だという。

受験生に有名人がいることで注目される北京電影学院だが、学校関係者は彼女たちへの特別待遇を否定。受験生は平等に扱い、学校の教師をはじめ、厳選された試験官が採点を行うとしている。

今年、北京電影学院の演技科は45人の定員に対し、受験者数は7631人で、競争率は170倍。監督科は157倍、映像技術科は60倍と、いずれも狭き門となっている。(翻訳・編集/Mathilda)