ロシアの反ドーピング機関幹部 2週間の間に不審死が相次ぐ

ざっくり言うと

  • 3日から2週間の間に、ロシアの反ドーピング機関幹部の不審死が相次いでいる
  • 幹部らは、ロシア陸連による組織的ドーピングに関わっていたとされる
  • 幹部の1人は帰宅後に心臓の異変を訴えて、そのまま息を引き取ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング