中国では防水・防塵・耐衝撃の性能を備えたスマートフォンのことを「三防手機」と呼んでいるる。ただ、多くの「三防機」はその性能を持たせる故に大きくて分厚いデザインとなってしまい、あまり好まれていないようだ。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 中国では防水・防塵・耐衝撃の性能を備えたスマートフォンのことを「三防手機」と呼んでいるる。ただ、多くの「三防機」はその性能を持たせる故に大きくて分厚いデザインとなってしまい、あまり好まれていないようだ。

 そんな「常識」を覆すような防水防塵機能を持ちながらもスリムで美しいデザインのスマートフォンを、日本を代表するメーカー・ソニーが作っていると、中国のIT系メディア・太平洋電脳網が1月14日付の記事で紹介している。

 記事は、「われわれが持つ『三防手機』の印象は大きくて厚くて重いというもの。しかし、ソニーのものは芸術品である。他社のものが、ヘルメットをかぶったサバイバルツールのように見えてくる」としたうえで、ソニーがZシリーズに代表される「芸術的」な防水防塵機を発表できる背景について4つの点から論じた。

 1点目は、製品の位置づけの問題。ソニーの防水防塵機能はあくまでも日常生活における補助的な機能であるのに対し、「サバイバルツール」のような他社製品は極端な環境での使用が想定されているとした。2つ目は、ソニーがスリムな形状の防水防塵機を製造するうえでの特許を早々に取得しており、他社は特許問題を避けるため図体の大きいデザインを採用せざるを得ないことを挙げた。

 また、3点目には美しいデザインでファンを獲得したソニーの名声がダサいデザインの防水防塵機の発売を許さず、最新技術の研究に向かわせたこと、4点目には精緻さ、使いやすさを追求する日本メーカー、さらには日本全体の文化が影響していることを示した。

 記事は、アウトドア愛好者には大きくて重い頑丈な他社製の「三防手機」をお勧めするが、そうでない一般的な消費者であれば、ソニー製が第一の選択になると評している。両者の違いは、想定するターゲット利用者の違いと言っていいだろう。「芸術的」な防水防塵スマートフォンは、スタイリッシュさを失わない範囲で最大限の防水防塵性があってほしいという、最大公約数の消費者ニーズを汲み取った結果である。

 中国のスマートフォン・タブレット業界では、「デュアルOS」など個性的な機能を付加する傾向にある。しかしそのニーズは比較的ニッチだ。一部ガジェット好きにとってはありがたい話ではあるが、多くの人に喜ばれる製品を作るためには、ニーズをつかんでデザインと機能性、使いやすさを天秤にかける研究作業が欠かせないのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)