Pingdomは2月12日(米国時間)、「Web Performance of the World’s Top 50 Blogs|Pingdom Royal」において、Alexaが集計している大規模Webサイトトップ50000から特にパブリケーションまたはブログサイトと分類されるサイトに絞り込んでパフォーマンステストを実施したと報告した。この結果を基に、トップ50サイトの性能差をまとめている。

50サイトのうち、上位10位と下位10位に関してはサイト名も掲載されている。興味深い報告内容は次のとおり。

・1ページ当たりのサイズは617kBから20MBまでとさまざまで、平均サイズは4.82MB。ただし、2〜3MBのページが多く、平均値はサイズの大きなページが値を押し上げる形になっている。
・1ページ当たりの読み込み時間の平均値は0.96秒から27.74秒とまちまちで、もっとも高速なページで1秒を切っている。
・1ページ当たりのHTTPリクエスト回数の平均値は367回(JavaScript、CSS、画像など各種リソースの取得に使われている)

パフォーマンス比較で上位10位には、torrentfreak.com、tutsplus.com、slashgear.com、makeusoef.com、medium.com、engadget.com、upworthy.com、thinkprogress.org、arstechnica.com、smashingmagazine.com、css-tricks.com、deadspin.com、gawker.com、jezebel.com、gigaom.com、upworthy.com、brainpickings.org、googleblog.blogspot.com、lifehacker.com、thenextweb.comなど、有名サイトが名を連ねている。

(後藤大地)