15日、韓国メディアが日本と中国を含めた今後の東アジアのサッカー界を展望している。資料写真。

写真拡大

2016年2月15日、鳳凰体育によると、韓国メディアが日本と中国を含めた今後の東アジアのサッカー界を展望している。

韓国メディア・スポーツソウルは、現在のサッカーにおける東アジアの勢力図に変化が起きていると指摘する。

記事はまず、「2002年の日韓ワールドカップ(W杯)までは、韓国が日中に対して優勢を保っていたが、2010年ごろから変化が起きた」とし、日韓戦について「対戦成績では韓国が大きくリードしているが、2000年以降に限ると(韓国の)4勝7分4敗、2010年以降は3分2敗である」と紹介。中韓戦についても「過去の対戦成績では17勝12分1敗だが、2010年以降は1勝1分1敗と互角の戦いをしている」と分析し、「東アジアでは日本がすでに常勝将軍になっており、中国の韓国恐怖症はなくなっている」としている。

次に各国のリーグ戦についても、やはり2010年がターニングポイントになったと指摘する。「韓国では日本と中国より10年以上早くプロリーグが誕生したが、2010年以降は1試合の平均観客数で中国に抜かれ、かつての八百長や腐敗がなくなった中国の急速な発展は目覚ましい」とし、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも中国の広州恒大が3年で2度の優勝に輝いたことを紹介している。

さらに、「日本と中国は本国の行政的な支持を基礎に、国際舞台での活動を活発化させている」とし、中国については「近年の国際サッカー連盟(FIFA)やアジアサッカー連盟(AFC)での影響力は無視できない」、日本については「昨年に日本人(田嶋幸三氏)がFIFAの執行委員に選出されたことで外交力が強化された」と評価している。

記事は最後に、こうした東アジアの変化を前に、「内部の制度制度改革」「代表チームの戦闘力を高め、アジアの盟主の地位を確保すること」「サッカーの産業化を現実と合致したものにし、スペシャリストの育成を行うこと」「国際舞台での地位向上」を韓国の課題に挙げている。(翻訳・編集/北田)