中国では毎年、春節(旧正月)となると、進学や就職、出稼ぎのために都市部に住む人びとが一斉に帰省する。近年は春節の長期連休を利用して国外に旅行する人も増えているが、中国人にとって春節は今なお1年でもっとも重要な祝祭日の1つであり、家族や親族とともに過ごそうとする人も多い。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では毎年、春節(旧正月)となると、進学や就職、出稼ぎのために都市部に住む人びとが一斉に帰省する。近年は春節の長期連休を利用して国外に旅行する人も増えているが、中国人にとって春節は今なお1年でもっとも重要な祝祭日の1つであり、家族や親族とともに過ごそうとする人も多い。

 高速鉄道網が整備されたことで、多くの中国人が帰省で中国高速鉄道を利用するようになったが、中国では車内弁当が「高いうえに不味い」ため、車内でインスタントラーメンを食べる人も少なくない。駅弁が充実していることから、新幹線の車内でインスタントラーメンを食べる人はほとんどいない日本ではあまり見られない光景だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国高速鉄道の車内でインスタントラーメンを食べる乗客が多いからといって、「世界の高速鉄道も同様だと考えてはいけない」と論じる記事を掲載、むしろ車内でインスタントラーメンを食べる乗客がいるのは中国高速鉄道だけと指摘した。

 記事はまず、韓国の例として「韓国の列車の車内ではおにぎりを食べる人が多い」と紹介。食べやすいうえに持ち込むのも便利であり、具として自分の好きなものを入れることができる点が評価されているようだと伝えた。

 さらに、日本の例を挙げたうえで「日本人は弁当好き」であるため、車内でも弁当を好んで食べると紹介。一方で、日本の駅弁については「見た目、味、香り」のすべてが完ぺきであり、そのような弁当があれば旅の疲れも癒やされるのは間違いないと論じた。また、釜飯を取り上げ、「陶器のうつわに盛りつけられた釜飯は美味しいうえに、食べ終わったら記念品として持ち帰ることもできる」と評価した。

 また、フランスも英国もそれぞれ車内では独自の食事を提供していると伝える一方、中国ではもはやインスタントラーメンが独自の食事になりつつある様を指摘。もしくは市場価格よりもはるかに高額でありながらも不味い弁当について、「市場競争のもとで進化してきた日本の駅弁とは比べ物にならない」と指摘し、中国の高速鉄道の弁当事情の悪さを嘆いた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)