カマキリが3Dメガネをかけると、どうなる?:英研究

写真拡大

カマキリは、2D映像の虫には反応しないが、3D映像の虫であれば反応することが確認された。このような研究は、ロボットの視覚認識改良につながると期待されている。

特別に考案された昆虫映画と聞けば、典型的なウェス・アンダーソン監督の作品を連想するかもしれないが、ニューキャッスル大学の研究者たちは、昆虫用の映画を使って、カマキリが3D映像を認識できることを確かめた。ロボットの視覚認識改良への扉を開ける研究の一環だ。

「カマキリが3Dメガネをかけると、どうなる?:英研究」の写真・リンク付きの記事はこちら

カマキリたちは、超小型スクリーンに映し出される特別なテスト映像を見るために、ミニチュアの3Dメガネを着け、3D映像を見て「獲物を捕った」。

昆虫の3D画像認識を調べるために、研究者チームはカマキリに小さなメガネを着けさせ、短い動画でスクリーン上を動き回る小さい虫を見せた。カマキリたちは、2D映像を見ても虫を捕まえようとはしなかったが、3D映像になり、目の前やスクリーンの上に虫が浮いているように見え始めると、それを捕らえようとした。

無脊椎動物の3D映像認識について研究が行われたのは今回が初めてではなく、1980年代にサミュエル・ロッセルがカマキリの3D認識能力を披露したことがあった。しかし、このときはプリズムとオクルーダー(遮蔽レンズ)だけを使った実験だったので、カマキリに見せた映像には限界があった。今回の実験では、新たに設計された3Dメガネを使い、より多様な種類の映像をカマキリに見せることができるので、新しい研究経路につながると期待されている。

『ネイチャー・サイエンティフィック・レポート』に掲載された論文に関して、研究リーダーであるジェニー・リードは次のように話している。「カマキリは、脳は非常に小さいが、優れた視覚をもつハンターで、恐ろしいほど効率よく獲物を仕留めることができます。カマキリが周囲の世界をどのように認識しているかを研究することで、たくさんのことが学べます」

「カマキリのもつ単純な情報処理システムをより良く理解できれば、3D映像認識がどのように進化してきたかを考察するのに役立ち、コンピューターにおける3Dの奥行認識向上に向けた新しいアルゴリズムができる可能性があります」

関連記事:災害救助をする「サイバー・ゴキブリ」計画(動画あり)

TAG

InsectMovieVideoVisualization