16日、最新の世界軍事力指数で、米国、ロシア、中国がトップ3となった。

写真拡大

2016年2月16日、ロシア通信社のスプートニクによると、毎年発表されている最新の世界軍事力指数で、米国、ロシア、中国がトップ3となった。環球時報(電子版)が伝えた。

米国は軍事支出が圧倒的に多く、他国を大きく引き離したことが、首位になった最大の要因となった。軍事専門家によると、ロシアは武装部隊の現代化、国防工業のうち軍事設備の生産、購入増が上位に入る要因になった。

ロシアの戦車保有台数(1万5398台)は米国(8848台)の倍以上。一方、航空機はロシアが3547機、米国が1万3444機となっている。中国の戦車保有台数は米国に比べて多く、ロシアに比べて少ない。

4位はインド。トップ10には英国、フランス、ドイツ、トルコなどが入っている。

順位は50以上の要素で決定される。国防支出規模、空軍と海軍力、天然資源採掘量など。人的資源も重要な要素となっている。(翻訳・編集/大宮)