15日、国際信用評価機関ムーディーズが「開城工業団地の閉鎖は韓国の国家信用格付けに否定的な影響を与える」と警告した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月15日、韓国・KBSによると、国際信用評価機関ムーディーズが、「開城工業団地の閉鎖は韓国の国家信用格付けに否定的な影響を与える」と警告した。

ムーディーズは同日発表した報道資料で、「南北和解の最後の象徴だった開城工業団地の閉鎖は、(朝鮮半島の)地政学的なリスクを高める」と指摘した。一方、開城工業団地の閉鎖が韓国経済に与える影響については、「開城工業団地の生産額は韓国国内総生産の0.04%に過ぎないため、閉鎖自体が大きな影響を及ぼすことはない」と分析した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「当然のこと。北朝鮮の核のせいで韓国国民だけがひどい仕打ちを受けている」
「開城工業団地の閉鎖は失敗だった。ただの選挙用パフォーマンスだったんだ」

「株式市場に影響はないと言っていたのに…」
「対策は考えてあるのだろうか?とても不安だ」

「今後は北朝鮮が挑発してくるたびに株式・外国為替市場が大きく揺れ、昔のように簡単に回復できないのだろう…」
「米国政府の指示通りに動く韓国政府。経済副首相がこの前、韓国の国家信用格付けを上げてくれとムーディーズに頼み込んだというのに…。韓国政府は国民の人生を台無しにしている」(翻訳・編集/堂本)