16日、中国の掲示板サイトにこのほど立った「なぜ中国には京都のような都市がないのか」と題するスレッドに日本ネットからは「今からでも間に合う範囲で保存して美化に努めたら外国人呼び込める」とアドバイスする声が掛かった。写真は京都。

写真拡大

2016年2月16日、中国の掲示板サイトにこのほど立った「なぜ中国には京都のような都市がないのか」と題するスレッドの答えは「文化大革命などでほとんどが壊されちゃった」ためだが、日本ネットからは「今からでも間に合う範囲で保存して美化に努めたら外国人呼び込める」とアドバイスする声が掛かった。

スレ主は、京都は世界的な観光地でランキングもたびたび1位になっているとした上、「京都は本当に美しい。中国では西安を思い付くものの、ため息しか出ない」と感想を述べた。西安はかつて長安と呼ばれた古都で、西周から秦、唐など幾つもの王朝の都として繁栄してきた歴史のある都市だが、中国人の間では「ただの薄汚れた田舎町」と受け止められているようだ。

これについて中国人のネットユーザーからは、「中国にも古くて風情のある街はあるけど、ゴミとドブがあふれている。これが一番大きい」と指摘する声があった。また、「中国はきちんと保存ができていない。多くの古代建築物が残っていない」「巨大な利益を前にすれば、万里の長城だって壊してしまう」「お金のために開発業者に売って取り壊す。欧米にならって現代化した建設物を作るが、自分たちの伝統を忘れてしまったんだ」などのコメントが付いた。

日本のネットユーザーからも「京都だって町がゴミであふれていたら誰も行かないよ」と指摘する声もあった。これは最低限の基準だ。また、「支配者が変わると前の支配層は皆殺しにし、文化も全否定するのが中国の特徴である」とした上、「中国人はマジでメンテナンスに金を掛けないよ。だから新しいのでも作るだけ作って後は薄汚れて壊れていく」「中国も古い建物がたくさんあるよ。今からでも間に合う範囲で保存していけばいい。経済的余裕もできたころだから、文化的なことも考えるようになって」と助言した。(編集/長澤)