16日、韓国の朴槿恵大統領は「このまま時間が流れたら、暴走する金正恩政権は核ミサイルを実戦配置し、われわれは不安と恐怖に苦しめられることになるだろう」と述べた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日、国会演説を行い、「何の変化もなくこのまま時間が流れたら、休みなく暴走する金正恩(キム・ジョンウン)政権は核ミサイルを実戦配置し、われわれは不安と恐怖に苦しめられることになるだろう」との考えを明らかにした。

朴大統領は、北朝鮮の4回目の核実験と事実上のミサイル発射に対する韓国独自の制裁として、開城工業団地の操業を停止したことについて、「われわれの支援のほとんどが核とミサイルの開発に使われている」と説明し、「これ以上、北朝鮮の脅威に振り回されるわけにはいけない。これまでのように北朝鮮の挑発に屈し、支援のために資金をばらまくようなことはしてはならない」と述べた。さらに、「開城工業団地の操業停止はわれわれが国際社会とともにとっていく措置の始まりに過ぎない」とし、「北朝鮮政権が核開発では生存できず、むしろ体制崩壊を早めるだけだという事実を痛感し、自ら変化するしかない環境を作るためにより強力で実効的な措置をとっていく」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「どんな手を使ってでも北朝鮮の暴走を止めなければならない」
「北朝鮮にばらまいていた金で軍事力を高めよう」
「南北は休戦中ということを絶対に忘れてはいけない」

「やっと気づいたようだ。でももう手遅れでは?」
「北朝鮮を圧迫し強く出ることが、結局は平和につながる。平和的に解決しようと北朝鮮にへつらった結果、大災難を招いた事実を直視しよう」

「朴大統領の対北政策は本当に素晴らしい。あと4年は大統領の座にいてほしい」
「今までが甘過ぎた。朝鮮半島統一のため北朝鮮の挑発に耐えてきたが、これまでの政府は反省するべき。やっぱり朴大統領が最高だ」

「ほどほどにね。実際に戦争が起きたら、きっと韓国が負けるから」
「実効性のある措置を取るべきだ。本当に北朝鮮を困らせるには中国を味方に引き込むしかない」
「ばらまく?韓国も開城工業団地から多くの利益と価値を得ていたのに…」(翻訳・編集/堂本)