16日、中国の芸術家で人権活動家の艾未未氏が独ベルリンのコンサートホールで難民をテーマにした作品展示を行っている(Photo/yanwu yuan)。

写真拡大

2016年2月16日、中国の芸術家で人権活動家の艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏が独ベルリンのコンサートホールで難民をテーマにした作品展示を行っている。

【その他の写真】

ホール正面の6本の柱に巻き付けられているオレンジ色の物体は、ギリシャの島で拾い集めた難民の救命胴衣。その数は1万4000着に上る。

今回の展示を通して難民たちがいかに危険を乗り越えて欧州にたどり着いたのかということを人々に投げ掛けたいとしており、艾氏は「欧州の国々は(難民を受け入れている)ドイツを見習ってほしい」と訴えている。(翻訳・編集/野谷)