BMW、プロトニック・レッドで塗られた「i8」の限定モデルをジュネーブ・モーターショーで公開

写真拡大

【ギャラリー】BMW i8 Protonic Red Edition (4枚)


BMWは、3月1日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、プラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」の限定モデル「Protonic Red Edition(プロトニック・レッド・エディション)」を公開すると発表した。
この限定モデルは、ネーミングどおりボディがプロトニック・レッドで塗装され、フローズングレー・メタリックのトリムがあしらわれている。オービットグレー・メタリックとマットアルミで塗り分けられた20インチのダブルスポークホイールには、フロント215/45 R20、リア245/40 R20のタイヤを装着。インテリアにはレッドのダブルステッチが施され、カーボンファイバーとセラミックのトリムでアクセントを効かせている。なお、メカニカル面での変更はない。

特別仕様のペイントとトリムだけでは物足りない気もするが、カラフルなi8が欲しかった人にとってプロトニック・レッド・エディションは購入に踏み切る良いきっかけとなるだろう。この限定モデルの生産は7月にドイツ・ライプチヒの工場で開始されるという。詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。

try{document.getElementById("fivemin-widget-blogsmith-image-112368").style.display="none";}catch(e){}By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー