甘さと辛さのバランスが絶妙な「日清の咖喱(カリー)うどん」(オープン価格)

写真拡大

日清食品は、素材と品質にこだわった人気の和風カップ麺ブランド「日清の江戸そば」「日清の京うどん」に続く3品目として、「日清の咖喱(カリー)うどん」(オープン価格)を2月29日(月)に発売する。

【写真を見る】鶏だしの旨味にパクチーがやさしく香る「スパイスキッチン ベトナムフォー」(希望小売価格・税抜160円)

「日清の咖喱(カリー)うどん」は、焼津加工鰹節を使用したつゆに、クミン、ターメリック、コリアンダー、カルダモン、クローブなど25種のスパイスを合わせ、甘さと辛さを兼ねそろえたクリーミーでスパイシーな味わいが特徴。つるみのある真っすぐでしなやかなうどんとの相性は抜群だ。柔らかな食感の蒸し鶏の他に、きざみ揚げ、かまぼこ、ネギを加え、彩り鮮やかな具材がさらに食欲をかきたてる。

また同日には、スパイスやハーブにこだわったフォースープで、エスニック料理好きの女性に人気の「スパイスキッチン」シリーズから、「スパイスキッチン ベトナムフォー」(希望小売価格・税抜160円)を発売する。

「スパイスキッチン ベトナムフォー」は、本場ベトナムのフォースープの特徴である鶏だしの旨味と、ほんのりとパクチーのさわやかな香りを感じられる優しい味わいに仕上げた商品。さらに具材のフライドオニオンの香ばしさとほのかな甘みがスープにコクをプラスしている。

素材にこだわった大人の和風カップ麺と、米粉で作ったなめらかな食感のフォーが入った、優しい味わいのフォースープ、それぞれの味と香りを楽しんでみてはいかが。【東京ウォーカー】