14日、中国の掲示板サイトに日本の農業がハイテク化されていてすごいと紹介するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月14日、中国の掲示板サイトに日本の農業がハイテク化されていてすごいと紹介するスレッドが立った。

スレ主は、日本の農業は非常に発達していて現代化された経営管理が行われており、苦労をいとわない農家の態度も中国が学ぶに値すると紹介。農業が専門化・分業化されていて多くの作業が機械化されており、「高度に科学技術化、現代化、大規模化、集約化するよう努力している」と紹介した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は中国のよいお手本だ」
「これこそ人類が追求すべき発展の方向性だな」

「工業、農業、商業のいずれも科学技術は一番の生産力だ」
「多くの中国人は日本が中国よりずっと進んでいることを知らないし、伝えても信じようとしないんだよな」

「日本が作るものってなんでも凝っているよね。きっと資源が少ないためだろう。そろばんだって中国のよりずっと小さいし」
「日本は効率の悪い農業を残す必要はないだろ。すべて輸入に依存すればいい。そしてすべての精力を効率的な工業と科学技術に注げばいい」

「でも日本の食料自給率はたったの40%。輸入しないとおなかいっぱいになれないのにハイテクなんて聞いてあきれる」
「日本は人口2%の農家が40%の食糧を供給しているのだからすごいよ。中国は人口70%の農家が70%の食糧を提供しているだけだからな」(翻訳・編集/山中)