馬英九総統、古い建物の耐震診断受診呼びかけ/台湾

写真拡大

(台北 16日 中央社)馬英九総統は16日、指南宮(台北市)を訪れ、台湾南部で今月6日に起きた地震による犠牲者へ哀悼の意をささげ、古い建物の耐震診断受診を呼びかけた。「地震は予測できないが、予防は必ずできる」としている。

馬総統は、阪神・淡路大震災後の日本と1999年の台湾大地震後の台北市を例に、防災への取り組みが強化されたと強調。その後の地震では被害が最小限に抑えられているとした上で、備えの徹底を図りたい考えを示した。

(游凱翔/編集:齊藤啓介)