15日、北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会は13日、衛星と称する事実上の弾道ミサイル「光明星4号」の発射成功を祝う宴会を開いた。写真は平壌。

写真拡大

2016年2月15日、北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会は13日、衛星と称する事実上の弾道ミサイル「光明星4号」の発射成功の祝賀会を開いた。16日付で環球時報が伝えた。

この席で、金正恩(キム・ジョンウン)第一書記は「地球観測衛星の発射は朝鮮人民に自信と勇気を与え、北朝鮮の進軍を阻もうとする敵に容赦ない打撃を与えた」とし、さらに多くの「衛星」を発射することを示唆した。

また、「敵対勢力が以前にも増して虎視眈眈(たんたん)と我々の死をもくろんでいる複雑で厳しい情勢の中、歴史的な意義を持つ第7回党大会を前に、祖国の命運と尊厳をかけて地球観測衛星の発射を決心した」とし、「衛星は0.001ミリの誤差もなく軌道に乗った」と述べた。

宴会には第一夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏や最高人民会議の金永南(キム・ヨンナム)委員長、人民軍総政治局の黄炳誓(ファン・ビョンソ)局長などが出席したほか、金総書記によって結成されたモランボン楽団も登場したという。(翻訳・編集/北田)