15日、韓国与党・セヌリ党の元裕哲院内代表が「韓国も核を保有するべきだ」と主張した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月15日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国与党・セヌリ党の元裕哲(ウォン・ユチョル)院内代表が「韓国も核を保有するべきだ」と主張した。

元代表は同日、国会の交渉団体代表演説で、「とめどなく押し寄せてくる安保危機と経済危機という巨大な津波の前で、丈夫な盾となってくれる防波堤を築くことが急がれる。韓国は平和の核ミサイルを保有し、高い安保防波堤を築かなければならない。北朝鮮の核やミサイルに対抗するため、韓国も核やミサイルの保有など、生存戦略を検討する時だ」などと主張した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「米国が反対しているのだからどうしようもない。韓国の核主権は米国が握っている」

「戦時作戦統制権(朝鮮半島有事の際に作戦を指揮する権限)すらない国が核を保有?笑わせるな」

「このような人に与党の院内代表を任せているという現実が、韓国が直面している深刻な危機」

「自衛的核武装に賛成。国を奪われてからでは遅い」

「韓国も核を保有する時が来た。近い将来、気候変動により、世界中で食糧不足が起こるだろう。食べるものがなくなれば、人間は土地を奪うために戦争を始める。数十年以内に国際的な紛争が起きることは間違いない!」

「北朝鮮に攻撃されてからでは遅い。今から核開発をするべき。北朝鮮の核を恐れて、金正恩(キム・ジョンウン)に媚びを売りたいのか?」

「核がなければ国の安全を守れないの?韓国最大の安保は南北統一への投資だ!」(翻訳・編集/堂本)