Sexy Zone中島健人「ドSっていいなあと思っちゃいました」。超エロキュン『黒崎くん』舞台挨拶レポ【大阪】

写真拡大

Sexy Zoneの中島健人が超ドS男子に扮する映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』。

【Sexy Zone】中島健人“黒崎くん”に顎クイされちゃうキャンペーンが“エロキュン”すぎる!

2月27日(土)の公開を前に、11日(木)にTOHOシネマズ梅田にて舞台挨拶が行われた。当日は、“黒悪魔”こと黒崎晴人を演じる中島健人、“白王子”こと白河タクミ演じる千葉雄大、ヒロイン・赤羽由宇演じる小松菜奈が登壇。終始、作品のテーマである“エロキュン”なトークで盛り上がった!

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、講談社「別冊フレンド」で大ヒット連載中の同名少女コミックの実写版。

本作では、冴えない自分を変えるために転校してきた由宇が、“絶対服従”を命じる超ドS男子・黒崎くんと、ハイレベルな女の子対応でうっとりさせる、白河くんとの間で揺れる恋模様が描かれる。“顎クイ”“壁ドン”など、超ドSな“エロキュン”要素満載で、多くの女子を虜にしてきた。

満席となった舞台挨拶当日。客席には、赤やピンク、ゴールドといった、煌びやかにデコレーションされたうちわを持つファンの姿も見られ、出演者の登場を今か今かと待ちわびている様子。そして、主演の中島、千葉、小松が登場すると、会場のヴォルテージがあがり、割れんばかりの歓声で埋め尽くされた!

撮影してみて、ドSっていいなあと思っちゃいました!

トークも、終始“エロキュン”なエピソードが満載!

“黒崎くん”は、普段の性格とは真逆と公言する中島だが、この日は意外な発言も。

「自分が生きてきた中でドSという言葉はいちばん似合わないと思っていたんですが、撮影してみて、ドSっていいなあと思っちゃいました(笑)」

これにはファンもビックリ! さらに、

「“お前はオレの奴隷だ”これ気に入っていますね。“奴隷”って、お前何言ってるんだよ! って自分自身でもツッコんじゃう(笑)。でもそれを黒崎くんが男らしく言っているので、そんなところがかっこいいなと思いました」と、“ドS”な一面をのぞかせた。

“黒崎くん”は分かりやすくて可愛い!

イベント中は、中島と千葉の仲の良さが垣間見れる瞬間も。

千葉が「ケンティ(中島)がよくモノマネをやってくれるんですが、白河くんの台詞で、“ぼくの言いなりになってみない”とかが好き」と語ると、中島はすかさず「めっちゃ好きだよ、ありがとう」と答え、仲良しぶりに劇場から歓声があがる。

そんなふたりを比べて、小松は「どちらかを選ぶとしたら、“黒”。ちっちゃい頃の男の子って、この女の子のことがすごい好きなんだろうなって分かるぐらいいじめたりしますよね。それが逆に可愛いなって思います。

白は優し過ぎて…何考えているんだろう、と思うような笑みをたまに浮かべるんです。そこが怪しくて、信じていいのかな、と思ってしまいます(笑)」とコメント。

デートするならどっち? 黒悪魔vs白王子

さらに、「大阪でデートするなら、どんなプラン?」という、ファンを歓喜させるような発言も。

「HEP FIVEに行って(映画と同じように)観覧車に乗ります。100周した時点でチューしようかなぁ。それって(黒崎くんらしい)ドSなデートですよね」と超ドS発言で観客を煽る中島に続き、「アメリカ村で由宇ちゃんを全身コーディネイトして、何でも欲しいもの買ってあげて、美味しいごはんを食べます。それから万博公園で鬼ごっこをしたいですね」と千葉。“黒崎vs白河”を彷彿とさせる発言に、ファンは大いによろこんだ。

そしてラストには、3人そろって投げキッスをして退場。終始“エロキュン”なパフォーマンスで会場を沸かせていた。

多くの女子を虜にする『黒崎くんの言いなりになんてならない』。劇中には、一体どんな“エロキュン”シーンが描かれているのか? 公開を楽しみに待ちたい。