実証実験の概要。ウェアラブルカメラ等を装着したパナソニック社員及び成田空港の警備員が空港内を移動し、位置測位精度の検証やシステムの有効性の確認を行う(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 パナソニックは15日、成田国際空港にてウェアラブルカメラと位置測位技術を活用したインタラクティブ警備システムの実証実験を実施することを発表した。期間は2月22日から3月4日まで。

 同システムはウェアラブルカメラやスマートフォンなどを使い、警備員の位置と現場映像を防災センターでリアルタイムに集約し、何らかのトラブル発生時に即応することを可能にするというもの。

 さらに警備に関連する画像やテキストメッセージ等の情報を防災センターから現場の警備員のスマートフォンに配信したりするなど、情報共有及び正確な情報伝達を実現する。

 2020年の東京オリンピックに向け訪日外国人観光客が急増していくなかで、人が多く集まる場所を狙ったテロ等の凶悪犯罪や混雑による雑踏事故に対する警備の強化が目的となる。

 2月22日〜26日に位置測位精度やウェアラブルカメラ映像伝送等の技術検証を行い、2月29日〜3月4日に実際の警備員による運用検証として、ウェアラブルカメラの使用感などを含めたシステムの有効性の検証を行う。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI