次世代型ランニングシューズのアップグレードモデル

写真拡大

リーボックジャパンは、次世代型ランニングシューズ「ZPump Fusion(ジーポンプ フュージョン) 2.0」を2016年2月18日に発売する。

15年3月に登場した「ZPump Fusion」のアップグレードモデルで、同社が誇る独創的な空気を注入しフィット感を調節する"The Pump(ザ ポンプ)テクノロジー"を搭載した。

前モデルに比べて、アッパーに内蔵されたエアチャンバーの素材や形状を改良することで、空気の注入がさらにスムーズになり、フィット感もアップ。また、フュージョンスリーブの内側に採用した人口材のフレーム「パワーフレーム」をシューレースと連動することで、中足部の安定性がより強化された。

さらに、ソールには「カーボネイティッドフォーム」を搭載。前足部の屈曲性、軽量性が向上するとともに、前モデルに比べて3ミリ薄くなったことで地面との接地感、素足感をより感じられるという。また、突起したピストンソールを採用し、クッション性もさらにアップしている。

「Reebok ONLINE SHOP(リーボック オンラインショップ)」、全国のリーボック直営店舗、取扱店舗で発売。

なお、16年2月4日から「Reebok ONLINE SHOP」限定の2カラーを先行発売している。価格は各1万3500円(税別)。