15日、中国の時代劇ドラマ「女医明妃伝」を見た人から、「韓国ドラマから衣装をパクったのでは?」と疑う声が上がっているが、歴史好きのネットユーザーたちが、「かつて中国の属国だったからだ」とその理由を指摘している。

写真拡大

2016年2月15日、中国の時代劇ドラマ「女医明妃伝」を見た人から、「韓国ドラマから衣装をパクったのでは?」と疑う声が上がっているが、歴史好きのネットユーザーたちが、「かつて中国の属国だったからだ」とその理由を指摘している。新浪が伝えた。

【その他の写真】

今月13日に放送スタートした時代劇ドラマ「女医明妃伝」について、ネット上で衣装のパクリ疑惑が持ち上がった。ブルーの官服や、皇帝が着ている淡紅色の着物などが、「チャングムの誓い」をはじめとする韓国時代劇ドラマの衣装に「そっくりだ」と、一部のネットユーザーが声を上げたものだ。

この疑惑に対し、歴史好きのネットユーザーたちは、「当時は中国の属国だったからだ」と指摘している。「李氏朝鮮は明の冊封体制の下にあり、衣冠制度は明の皇帝が与えたものだった」と説明。既視感があり、似ていると感じるのは「当然のことだ」としている。

歴史に詳しいネットユーザーたちは、「女医明妃伝」の衣装について、「今までに見た時代劇の中で、最も真実に近い」と絶賛している。ドラマで衣装考証や美術を担当するスタッフによると、小道具や衣装については、史料や当時の書画を見直し、徹底的にリアルさを追求したという。視聴者は今までの時代劇と比較して違和感を持つかもしれないが、「こちらがより真実に近い」と語っている。

さらに番組スタッフは「衣装パクリ」疑惑についても、「属国」と説明したネットユーザーたちと同様の見解を示している。「韓国ドラマで見られるのは、明の皇帝が与えたものを、李氏朝鮮で独自にアレンジした衣装だ。さかのぼって考えれば、真似をしたのは韓国側だと言える」と、説明している。(翻訳・編集/Mathilda)