画像

写真拡大 (全2枚)

 写真専門店「カメラのキタムラ」などを全国に展開しているキタムラは、プライベートDMP基盤としてアクティブコアの「activecore marketing cloud」を採用。これによりWeb行動ログと基幹データを一元化し、1to1マーケティングの強化を可能にした。

 写真専門店「カメラのキタムラ」などを全国に展開しているキタムラは、プライベートDMP基盤としてアクティブコアの「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)」を採用した。

 キタムラのEC「キタムラ ネットショップ」では、Web行動ログと基幹データである商品マスタ・会員マスタ等が統合されておらず、顧客軸でのLTV分析やランクの把握が十分にできていなかった。そのため、会員に対して画一的なアプローチとなっている点が課題となっていた。

 そこで同社は、プライベートDMP基盤として「activecore marketing cloud」を導入し、Web行動ログと基幹データを一元化し、会員に関するデータを統合した。その結果、ネットショップを利用する会員の購入商品カテゴリ毎の傾向分析によるレコメンドなどが行えるようになった。

 また、店舗に設置しているタブレット端末においても、会員のネットショップ閲覧履歴を元におすすめ商品を表示させた。これにより、店舗での専門性の高い店員による接客に加えて、会員の興味・関心のある商品をすすめることができ、店舗での1to1マーケティング強化も可能にした。

MarkeZine編集部[著]