アウトドアが好きとか嫌いとかも関係なく、キャンピングカーって興味ありませんか? すぐに「外で寝られる」キャンピングカーや車内で寝られるオススメ車を選んでみました。

いきなりキャンピングカーじゃなくてごめんなさい。一時期ブームともなった車中泊旅のベースに適した車両がこれ。車内で寝るという意味では簡易キャンパーと言えなくもないですよね。

日本で使うなら日本車ベースがいいのでは?と思いがちですが、そうでもない理由もあります。

というのも、ベースがコマーシャルビークルなのにおしゃれ。

車中泊をするってことは車内で寝ること。通常の車両の中で人間は座っていますが、その中で寝ようとすると、人間は自転車とかギターケースのような長さで横にしなきゃいけません。

当然、ベースとしては荷物を中心に積む商用車が有利になりますが、いかんせん国産車ベースの場合おしゃれじゃない場合が多い。ワタクシ、個人的に車中泊専門家と自負してるんですが、車中泊旅って一歩間違うと「夜逃げ」「ホームレス」と紙一重に見られることもあるんですね(自分の身なりの問題点はこの際置いといて)。

その点、おフランス車をベースにしてれば、「あぁ、朝はカフェオレで目覚めてフランスパンにハムでも挟んだ朝食摂るんだろうな」と見てくれる(ハズです)。

まあ、私の思い込みもありますが、少なからずそう見えるきがする人が多いのは間違いありません。

それに、通常の日本車には5ナンバーを意識した幅の壁がありますが、カングーは小さめサイズの全長ながら、幅はたっぷり。狭い地域での取り回しは多少犠牲になるかもしれませんが、1830mmの全幅は室内スペースを幅方向にゆったり取ってくれます。多少冷めた夫婦でも安心して就寝できそうです。

さらにこのクルマでは、ルーフに開閉式テントを積んでいるので、工夫すれば上下階で4人は就寝できます。

ちょっとしたアウトドアアイテムを積み込んで、このレイアウトのようにおしゃれに演出すると気軽に非日常に入り込めていいですね。

ベース車価格(税抜き):204万5370円
展示車両価格(税・諸費用別):257万4075円
出展:トイファクトリー

20160213CampingCar Show_00320160213CampingCar Show_00420160213CampingCar Show_00620160213CampingCar Show_005

軽キャンパーならこれもいいですね。一般に言われている軽キャンパーって私はやや否定的です。キャンピングカーというからには車内で立ちたいんです。完全に立てなくてもいいんですが、どうせ立てないで、座るだけなら走りが楽な、いっそのことステーションワゴンとかのほうが車中泊旅には向いていると思います。長距離を短時間で移動する旅が好きならなおさらです。

20160213CampingCar Show_007

けど、この軽トラ向けのトラックキャンパーなら、最低限の維持費ながら、車内でもちょっと立てるくらいのスペースがあります。

しかも、内装はログハウス風で、外観から想像する軽ならではのチープさはありません。車内(とは正式には言わないかもしれませんが)で立てて250万円程度というのは滅多にないでしょう。

荷物扱いなので荷台から少しだけはみ出した構造でスペースを稼いでいます。

熟年夫婦が時間的には余裕があって、でも経済的には車両には最低限にお金をかけるなら、とってもいい選択肢だと思いますよ。

車両本体価格(税抜き):240万円
展示車両価格(税・諸費用別):254万9000円
出展:M・Y・Sミスティック

20160213CampingCar Show_00820160213CampingCar Show_00920160213CampingCar Show_01020160213CampingCar Show_011

キャンピングカーショーで一番多く目にするのがハイエースです。半分近くはハイエースなんではないでしょうか? 個人的には私も乗っていました。スーパーロングのキャンパーベースだったんですが、そのままでは断熱の面や室内高さの面でちょっと不満もありました。普段の使い勝手はさすがにハイエース。意外なほどどこでも行けちゃうのと運転しやすいのはトラックやバスベースと違いますね。

20160213CampingCar Show_026

けど、そんな長所を残しつつ、弱点を克服して、さらに可愛くまとめたのがこのボーノクイーンCタイプです。

簡単に言うと、ハイエースの頭と下半身を残し、居住(貨物)スペースに独自の身体を付けちゃったものですね。思い通りの高さを取ったり、断熱材を使えたりするのがとてもメリットだと思います。

さらに、キャンピングカーショーでも、街中でも、配送所でも、工事現場でもすごく見かけるハイエースなのに、この個性。舞浜あたりをうろうろしている夢の国専用バスみたいなドリーム感溢れるリヤビューは、きっと子供たちを夢の世界へと誘ってくれるでしょう。

お値段はお手軽とは言えませんが、扱いやすいハイエースベースでキャブコン並みの本格キャンパーで一台で済ませるという意味では取っつきやすさがあります。気になる走りは、ちょうどハイエースとキャブコンキャンパーの中間くらいだそうです。

車両本体価格(税抜き):670万7000円
展示車両価格(税・諸費用別):711万7000円
出展:カトーモーター

20160213CampingCar Show_04720160213CampingCar Show_02720160213CampingCar Show_02820160213CampingCar Show_025

キャンピングカーの中には「トレーラータイプ」というのがあります。それ自体で走ることはできず、タイヤが付いていて他のなんらかのクルマで引っ張って移動するタイプです。

20160213CampingCar Show_029

でも、やや大袈裟で後ろに馬車を引いてるみたいでちょっとな、と思っている方にはこれはどうでしょう? タバートのホワイトエッグです。

後ろがなだらかに下がっていてスタイリッシュ。おそらく、一般的な四角っぽいトレーラーより格段に引っ張る影響は小さく、風の強い日なんかも運転が楽なんじゃないでしょうか。

「こんなにちっちゃいのに本当に中で寝たりできるの?」と思いがちですが、いやいや自走できるクルマと違ってエンジンも運転席も燃料タンクもないんです。なので、内部の空間はすべて人間様のために使えます。ホンダのMM思想の究極かもしれません。ま、そっちの思想は走れなきゃ意味ないんですが。

で、肝心の室内は、シンクもあって3名就寝が可能です。間違っても移動中に3人乗れるわけではないのでご注意ください。

車両本体価格(税抜き):215万円
展示車両価格(税・諸費用別):238万円
出展:H&K コーポレーション

20160213CampingCar Show_03220160213CampingCar Show_03020160213CampingCar Show_031

とっても現実的で、これなら持てそう、と思わせてくれるのがホンダ バモス・ホビオ「FLEX Consept」。ホビオをベースに、遊びや商売などの基地として活躍しそうな無骨に見えておしゃれな空間をしつらえています。

20160213CampingCar Show_043

実際に提案しているのはホンダ・アクセス。ホンダの純正用品を作っているだけあって、すべてが純正っぽく自然とまとまっているのが特徴です。

ウッドを貼ったフルフラットスペースを基本に、テーブルを置いて、ウインドウ内側にパンチングメタルを貼ってフックをかけたりマグネットが付くようにしたり、内張りの材質を道具感溢れる穴あきボードにしたりと、山小屋の雰囲気が想像力をかきたててくれます。

市販化されると決まっているわけではありませんが、純正用品としてリリースしてくれればホビオオーナーはとっても喜んで飛びつくんじゃないでしょうか? まあ、そのまま参考にするのもありですね。

バモス・ホビオ車両本体価格(税抜き):118万5186〜138万8334円
展示車両価格(税・諸費用別):参考出品
出展:Honda

20160213CampingCar Show_04220160213CampingCar Show_04120160213CampingCar Show_044

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連記事】

いつかは乗りたい! 究極のキャンピングカー&車中泊車5台!
http://clicccar.com/?p=354322

これなら乗れる!お手軽キャンピングカー&車中泊車5台!(http://clicccar.com/2016/02/16/353937/)