2月12日〜14日に大阪市のインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2016」でマツダは、看板技術「スカイアクティブ」のスポーツマインドを観客にアピールしました。

マツダ・ブースでまず目に飛び込んでくるのは、参考出品の「LM55」。

伝説となったロータリーエンジン搭載のルマン優勝マシン「マツダ787B」の流れをくむマツダのスポーツマインドを象徴するモデルです。ぜひ「LM55」もサーキットの実戦で雄姿を見せてほしいものです。

SONY DSC

次に今回の展示車両では「ロードスター」「CX-3」「デミオ」などのレーシング・コンセプト・モデルが観客の視線を集めました。

マツダというと、ソウルフルレッドの塗色がイメージカラーになっていますが、これらのコンセプト・モデルで目立ったのは「ブラック・マイカ」という黒系の塗色です。

SONY DSC

あまり街中で見かけない塗色なので、ブースの説明員に特別色かと尋ねると、「標準色です」との返答でした。レッドもいいけどブラックも、なかなか見栄えのする塗色でした。この高級感のある塗色が標準で選べるなら、マツダ車を考えている方はご一考の価値あり、と思います。

SONY DSC

また、マツダ・ブースでは「ドライビング・シュミレーター」を提供して観客の人気を集めていました。マシンは「LM55」と「787B」を選べて、コースもグッドウッド・ラグナセカ・筑波を選択してドライビング・ゲームを楽しむことができます。

今回の展示を通じて、スカイアクティブのスポーツマインドをアピールするマツダの姿勢が印象的でした。

SONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSC

(山内 博・写真とも)

【大阪オートメッセ2016】マツダ、スカイアクティブのスポーツマインドを訴求(http://clicccar.com/2016/02/16/354016/)