アルゴリズムで音楽を奏でる次世代「ロボットオーケストラ」(動画あり)

写真拡大

円陣を組むように並んだ機械。そこから流れてくる、ひとつのパターンが少しずつ進化していくような音楽。これは、人が作曲した音楽を、ロボットがアレンジしながら演奏する次世代オーケストラ、「Automatic Orchestra」だ。

人類は長い間、ロボットに対する恐怖を抱いてきた。自分たちの仕事を、ロボットが奪ってしまうのではないかという恐怖を。ロボットが、ひとつの種を絶滅させてしまうのではないかという恐怖を。

「アルゴリズムで音楽を奏でる次世代「ロボットオーケストラ」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

しかしわたしたちは、いつかロボットはミュージシャンの代わりも見事にやってのけるかもしれない、という恐怖は抱かなかった。

これは「Automatic Orchestra」と呼ばれるオーケストラだ。ブレーメン芸術大学とCIID(Copenhagen Institute of Interaction Design)の学生たちがつくったこの装置は、12の「ポッド」から成り立っている。それぞれのポッドのプリント基板には、マイクロコントローラーが据え付けられていて、それがスピーカーに接続されている。ポッドはお互いにワイヤーでつながっており、データを転送することで音楽ロボットのネットワークをつくりだす。

聞こえてくるのは、ポッドによる伝言ゲームのようなものだ。1番目のポッドから出た音楽がMIDI入力により、周辺のポッドに伝わっていく。マイクロコントローラーがそのデータを受け取り、それをアルゴリズムに従って加工する。2番目のポッドは音を1オクターブ下げるかもしれないし、その一方で3番目のポッドはリズムを遅くするかもしれない。即興性を出すため、人間の演奏の仕方を真似るよう、ある程度の予測不可能性がプログラムに組まれているポッドもある。

音楽は、プログラムをつくったアーティストによって異なる特色をもっている。

ブレーメン芸術大学の学生、デヴィット・ビアマンは、スティーヴ・ライヒやジョン・ケージが作曲した音楽のような、美しい旋律をもつ作品をつくりたいと話す。「単なる騒音を生むのはいやだというのが、わたしたちの核となるアイデアのひとつでした」

また、本来コードやリズムは数学的なものなので、0か1かのようにコード化されるのにも適している。このプロジェクトに携わっている学生、ジュリアン・ヘスペンハイドは、リズムをベースにした曲をつくることに興味があると言う。

すべての曲に共通するのは、人間と機械の意図との相互作用からできた作品であるにもかかわらず、どの曲もとても非人間的に聴こえるということだ。

曲はすべて、Soundcloudで聴くことができる

『WIRED』VOL.21は「Music / School 音楽の学校」特集!
Amazonで購入する>>

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンが生んだ、音楽の未来を救う学びの場/アデルやエイミー・ワインハウスを育てたブリット・スクールの挑戦/アビーロード 未来への横断歩道/「遊び心」から生まれたオーディオデヴァイス/レッドブル・ミュージック・アカデミーと「音楽の未来」/東京のアーティストが集う3つのレコーディング・スタジオ/池田純一と考える、音楽プロデューサーの真価……and more!
特集の詳しい内容はこちら。

TAG

Digital MusicMusicRobotWIRED US