「アマゾン お坊さん便」より

写真拡大

 2015年12月8日から、通販サイト「アマゾン」で新たなサービスが始まった。その名も「お坊さん便」だ。インターネット上で申し込みをするだけで、法事で読経を行う僧侶を派遣してくれる仲介サービスである。

 明確な金額設定などが「わかりやすい」と好評の一方、「ありがたみがない」「お経は商品じゃない」など批判の声もある。全国の宗派で構成される全日本仏教会も「宗教行為を商品にしている」と声明を出し、アマゾン側にサービス停止を求める文書を送っている。実際、現役の僧侶は「お坊さん便」をどう思っているのだろうか。

「僧侶や仏教関係者の一人ひとりに考えがあるため、全員一致の総意ではありませんが」と前置きした上で、「私個人としては『お坊さん便』の“システム自体”は、まったく問題ないと思っています」と話すのは真言宗の僧侶・N氏だ。

 N氏によれば、もともと仏教界には「ポータル的な役割を果たす人が、依頼者に僧侶を紹介する仕組みがある」という。例えば、普段から懇意にしている寺がない場合、「お経をあげてほしい」となっても、どこに頼めばいいのかわからない。そうした人たちのために、各都道府県の寺には「支所長」と呼ばれる人が在籍している。

「依頼者が『お経をあげてほしい』と寺に問い合わせると、支所長のいる寺を紹介されます。そこに連絡すると、あらためて住んでいる地域や宗派を聞かれ、お坊さんを紹介してもらえるという仕組みです。このシステムだけを見ると、仲介者を通じて僧侶を派遣するアマゾンと、かなり似ていると思います」(N氏)

●僧侶の素性や責任が曖昧な「お坊さん便」

 ただし、アマゾンの「お坊さん便」には大きな問題点が2つあるという。

「ひとつ目は、どんな僧侶が来るかわからないという点です。派遣されて来る僧侶が本当に信頼できる僧侶なのか? もし問題があった場合、誰が責任を取るのか? そのあたりが、アマゾンの『お坊さん便』では曖昧です。私のまわりに登録している僧侶はいないこともあり、実際にどんな僧侶が来るのか、本当にわかりません。

 もうひとつの問題は、お布施の金額が決まっているという点です。僧侶があげるお経は本来“商品”ではなく、対価を決めてしまうと、それはもはやお布施とはいえません。また、お布施とは『喜捨』するもので、『喜んで捨てる』という考え方です。依頼者が満足した分を僧侶に渡せばいいので、金額を決めたら喜捨ではなくなってしまいます」(同)

「お坊さん便」の料金は、戒名なしで3万5000円、戒名授与で6万5000円となっている。もちろん、この金額には派遣会社へのマージンやアマゾンの手数料なども含まれているが、本来「喜んで捨てる」はずのお金が企業の収益になるという仕組みには、確かに違和感を覚える。

 しかし、一方では、金額が不明瞭なことから「読経や戒名などに支払われるお布施が、僧侶の利権になっているのではないか」という見方があるのも事実だ。お坊さんが乗る自動車を見ても、メルセデス・ベンツやアウディといった高級輸入車が多い印象がある。実際のところ、「坊主丸儲け」の噂は、どこまで本当なのだろうか。

●僧侶の約40%は、年収300万円以下?

「確かに、参拝客が毎年何万人と来るような大きな寺の場合、かなりの収入があるでしょう。それこそ、正月の三が日だけで1年間ご飯を食べていけるくらいの利益を上げると聞きます。ただ、それはほんのひと握りで、普通の寺はそうはいきません。僧侶の中には、学校の講師などの副業をしている人も非常に多いです」(同)

 浄土宗の僧侶・鵜飼秀徳氏の著書『寺院消滅』(日経BP社)によると、浄土真宗では年収300万円以下の僧侶が全体の40%強で、経営が厳しい寺も多く存在するという。

「お坊さんがベンツを乗り回しているという話も聞きますが、日本の僧侶は30万人以上いるので、クルマ好きの人も当然いるでしょう。なかには、檀家さんから譲り受けるケースもあると思います。『お世話になっているお坊さんに、みすぼらしい格好はさせられない』という心遣いもありますから」(同)

「坊主丸儲け」は、あくまで噂にすぎないというわけか。N氏は、アマゾンの「お坊さん便」について、「前述の2つの問題点さえクリアできれば、ネットを利用したお坊さんの派遣も悪くはないのでは」と語る。

「本当は、各宗派の総本山がそういったシステムをつくるのがいいと思いますが、まずやらないでしょう。寺には、『ご縁によって続けることができている』という考え方が強くあります。良くも悪くも、“面倒くささ”にありがたみを感じる人も多くいるわけです」(同)

 とはいえ、ネットが発達した今、システムとして便利な「お坊さん便」の需要が伸びる可能性はおおいにある。その時のために、各宗派は今から対策を練っておくべきかもしれない。
(文=中村未来/清談社)