科学的根拠のない便乗商品も(shutterstock.com)

写真拡大

 大手スーパーからコンビニエンスストア、ドラックストアの水コーナーなどで「水素水」が目に付くようになった。棚に並んでいるのはアルミパウチやペットボトルだが、通販などでは自分で作るステックタイプやサーバー、水素水生成器などもあるようだ。

 ところで、今さらだが「水素水」ってなんだ?

 水素水とは、水素分子(H2)を高濃度に溶かした水のこと。つまり水素が豊富に溶け込んでいる水である。この水素水が「老化を食い止める」働きがあるというが、本当なのだろうか?

老化を加速するものとは?

 人の体はどんなに若さを誇っていても40代を境に生体の酸化を食い止める抗酸化力が落ちて、悪玉活性酸素を退治できなくなる。そのため肌の老化ばかりか全身の細胞が不調をきたす。シミやシワ、忘れっぽくなるなど、老化現象のスピードが加速する。

 老化を速めるのは生体の「酸化」と「糖化」だ。

 日々浴びる紫外線、喫煙、ストレスなどにより、体内の酸素が悪玉活性酸素化して細胞にダメージを与える。シミなどがいい例だ。これがいわゆる酸化による「錆び付き」である。

 これに対し糖化は「焦げ付き」とも言われる。食べ過ぎなどで余った糖分がたんぱく質と結合して「AGEs(エイジス)」という老廃物をつくるが、この物質自体が褐色なので、肌のくすみの原因と言われる。また、AGEsは血管を厚く硬くするので動脈硬化や脳梗塞などの引き金になる。

 水素水には、老化の原因である悪玉活性酸素と結びつき、汗や尿となって排出する性質があるという。また、AGEsの生成を食い止める働きがあるということもわかってきた。
水素博士が発表した「水素の生体への有効性」が世界的トピックスに

 この夢のような話をひたすら研究し、2007年に医学雑誌『Nature Medicine』に「水素(H2)の生体への有効性」を世界で初めて発表したのが、日本医科大学大学院医学研究科の太田成男教授の研究チームだ。

 太田教授の専門分野は、分子細胞生物学。長年、ミトコンドリアから出る活性酸素を研究し、病気や老化の原因究明に力を注いできた、この道の第一人者だ。

 「活性酸素すべてが悪玉で、全部消してしまいばよいと誤解されがちだが、さまざまな種類の活性酸素が存在している。そのなかで老化や体のトラブルの元凶である悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルの害をいかになくし、細胞や体をいかに若く元気に保つかが大切だ。その答えが水素だった」と明かしている。

 太田教授らは研究課程の中で「水素には素晴らしい抗酸化作用があり、選択的に悪玉の活性酸素・ヒドロキシルラジカルを除去できることわかった」という趣旨の研究成果を発表。現在、太田教授は分子状水素医学シンポジウム会長などの要職を務め、水素水の世界的権威者として注目されている。

科学的根拠のない便乗商法も

 しかし太田教授は、世界中で水素の研究が進むにつれ、それに便乗した科学的根拠のない情報が広まっていることを憂慮している。水素への正しい理解と普及を願い「太田教授水素水講演レポート」をネット公開。その中で市販の水素水を調査した「徹底比較&辛口レビュー おすすめ水素水ランキング」は購入時の参考になる。

 水素水は、全国各地の名水に水素ガスを注入したり、水素を電気分解して天然水に注入したりするなど、製造方法はさまざま。もちろん、高濃度の水素が充填されたものが有効だ。

 充填時の溶存水素濃度が1.20〜2ppmなどと表示されているアルミパウチタイプ(300ml、ストロー付)が特にオススメ。隅にストローを入れて水素が逃げないうちに飲み切るサイズがいい。ペットボトル(500ml)は放置しておくとどんどん水素が抜けてしまい、その結果単なるミネラルウオーターになってしまうからだ。

 値段はアルミパウチが1個約200〜300円台。水なのに、まだまだ高額だ。一方では、水素水生成器を設置して、洗顔や水素水風呂など楽しんでいる愛用者も。一度試してみるのも悪くはない。
(文=編集部)