使用前には必ず取扱説明書を読む!(shutterstock.com)

写真拡大

 ストレスフルな時代を反映してか、家庭用電気マッサージ器が大人気だ。過去4年連続で出荷台数が伸び、少し前のデータだが、2013年には約195万台に到達。仕事から疲れて帰ってきた夜、電気マッサージ器で肩こりや脚のむくみをもみほぐすことを、ささやかな楽しみにしている人も多いことだろう。

 しかし、「疲れを癒やしたい」という目的で使用したはずの電気マッサージ器で、骨折など思わぬケガをするケースが相次いでいる。国民生活センターによると、2010年4月から2015年12月の間に、全国の消費生活センターなどに寄せられた相談は253件にのぼり、年々増加している。

2年間使用でむち打ちのような症状に

 相談事例には以下のような深刻な事故が少なくない――。

 「マッサージチェアの腕もみで腕が腫れ、仕事ができなくなり完治まで1カ月かかった」(70代男性)
 「マッサージチェアの押圧アームに挟まれて肋骨を3本折り45日間入院」(70代男性)
 「フットマッサージャーの締め付けが強く停止ボタンを押したが、足が強く挟まれたまま停止し、しびれた状態が続いている」(30歳代女性)

 同センターのデータによれば、電動マッサージ器の被害者は女性が7割(176件)を占め、全体の6割(155件)が60歳以上の人だという。

 しかし中には、「マッサージチェアを2年間ほぼ毎日15分使用していたら、ある日、頭痛がして吐いた。医師に脳脊髄液漏出症と診断され、おそらくマッサージチェアが原因だろうといわれた」という20歳代男性の例もある。

 脳脊髄液漏出症とは、脳と脊髄の周囲を満たす髄液が漏れ出して少なくなることにより、頭痛や頸部痛、めまい、耳鳴り、倦怠感などを引き起こす症状だ。交通事故によるむち打ちなどの後遺症として起きることがある。そんなダメージが電動マッサージ器によって引き起こされると考えると、ぞっとしてしまう。

 機器の種類で被害が最も多いのはマッサージチェア(83件)で、次いでフットマッサージャー(49件)、ベッド型マッサージ器(22件)、首・肩掛け型マッサージ器(19件)と続く。マッサージチェアによる怪我では「神経・脊髄の損傷」(7件)、「筋・腱の損傷」(5件)、「骨折」(4件)が多い。

 また、全体の4分の1が家庭ではなく、量販店などのフロアにある展示販売コーナーや、宿泊施設、温泉施設などに設置された機器で起きていることが判明した。
4割の人が説明書を読んでいない

 家庭用電気マッサージ器については、過去に死亡事故もある。ローラー式マッサージ器の布カバーを外して使用することなどにより、衣服がローラーに巻き込まれて窒息死する事故が5件発生し、厚生労働省が2008年、2012年、2014年と3回、消費者庁も2012年、2014年と2回注意喚起を行っている。このことは、ご記憶の方も多いだろう。

 にもかかわらず、トラブル事例が後を絶たないのはなぜか。国民生活センターが過去3年以内にマッサージ器を購入した、あるいは体験した1000人へのアンケートを実施したところ、約4割が「取扱説明書を読まず、販売員などの説明を聞かずに使用した」と回答。

 また、「自分に電気マッサージ器の使用が禁止される疾病や、使用にあたって医師の判断が必要な疾病があったのにもかかわらず、使用していた」という回答が2割程度あった。店頭での説明不足も目立つようだ。電気マッサージ器を使用してはいけない疾病について、「売り場で提示されなかった」あるいは「覚えていない」「わからない」と回答した人は、全体の8割にも上っている。

 国民生活センターでは消費者に対して次のようにアドバイスをしている。

 ▶︎疾病がある場合は、購入時や使う前に販売店や医師に確認を。
 ▶︎店舗などの体験でも事故が起きているので、最初に操作方法を確認しよう。
 ▶︎安全のため、使用する際には必ず「弱」の強さから。
 ▶︎身体に異常を感じた時には直ちに中止する。
 ▶︎利用の前には機器に外観上の異常がないか確認をしよう。

 家庭用電気マッサージ器は誰でも気軽に購入できることもあり、潜在的な危険性が認識されにくい。しかし、力を加えて押したりほぐしたり、身体に直接刺激を与える機器であることを忘れてはいけない。たとえ痛みや不快感がなく、心地よく使えていたとしても、説明書に示された限度以上に使用しないこと。使用方法をきちんと守ることが大切だ。
(文=編集部)