ハンセン病元患者の家族ら59人が国を訴訟 誤った隔離政策で深刻な差別被害

ざっくり言うと

  • ハンセン病の元患者の家族が国に謝罪や賠償を求める裁判を15日、起こした
  • 国の誤った隔離政策で深刻な差別被害を受けたとしている
  • 熊本地裁が2001年に隔離政策を違憲としたが、家族は対象外としていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング