列車トイレ内に胎盤  流産で捨てられたか/台湾

写真拡大

(台東 15日 中央社)13日午前、彰化発台東行きの急行列車、キョ光号の車内トイレで胎盤が見つかる騒ぎがあった。台東地方法院検察署(地検)は流産の末捨てられたのではとしている。(キョ=草かんむりに呂)

新左営駅近くにさしかかった頃、6号車のトイレがつまっていると乗客から連絡があり、車掌らが確認したところ胎盤が見つかった。

トイレ内に血痕はなく、血のついたトイレットペーパーなども見つからなかったことから、母親は別の場所で流産した後、胎盤をトイレに捨てた可能性がある。

検察関係者は、死体遺棄に当たらないが母親を探したいとコメントしている。

(編集:齊藤啓介)