刺青除去中のみぽち(C)モデルプレス

写真拡大

【みぽち/モデルプレス=2月15日】“No.1悪羅ギャル”として知られるモデルの“みぽち”こと坂本美穂が、15日放送のバラエティ番組「私の何がイケないの?SP」(TBS系、月曜よる7時より)にVTR出演。3年半前、同番組に出演し、スタジオで「タトゥーの何がいけないの?」と訴えていたみぽちだったが、昨年より刺青除去を決意。番組ではその治療法や彼女の現在の心境が明かされた。

【さらに写真を見る】除去中のみぽちの刺青/“No.1悪羅ギャル”として人気を博したみぽち

3年半前、腕20センチ、手の甲10センチの刺青をあっけらかんと「きっかけはただ入れたいって思ったから場面で入れた」と語り、スタジオメンバーと大激論を繰り広げていたみぽち。現在はファッションやメイクも大人っぽくなったが、実は刺青を昨年から除去するため施術を行っていることを告白し、番組ではその施術の様子に密着した。

◆レーザーで除去

現在みぽちがやっているのはレーザー除去法と言い、レーザーを当てて色素を粉砕する方法。同時に皮膚を焼くため1回で火傷が治る2ヶ月間、期間を置かなければいいけない。みぽちの手の甲の刺青の大きさで最低10回。1回の施術に5万円かかるため完全除去まで50万円費用が必要なことも明かされた。

みぽちは施術後、激痛に耐えながらも「めっちゃ痛かったけど自分で決めたことだし良かったなと思っています」と晴れやかな表情。今回は5回目の施術で、実際に指に入っていた刺青はほとんど消えかけてきていた。

◆除去決意の理由は?

出演していた雑誌の廃刊後、刺青を理由に決まった仕事を断れる経験が続いたみぽちは、3年半前、スタジオで江角マキコから「第一印象っていう意味では本当に不利だからそこを心配してる」と言われたことなど、様々な助言を思い返し、消すことを決意したと言う。

現在は「無い方が良いんだなっていうのはちょっと変わってきた」と心境の変化を明かし、「仕事だったり結婚とか温泉行けないとかそういうことが出てくるから無い方がいいよね」と率直な胸の内を語っていた。(modelpress編集部)

■みぽち プロフィール
本名:坂本美穂(さかもとみほ)
出身地:長野県
生年月日:1991年11月22日
血液型:A型
身長:155cm
趣味:メイク研究
特技:どこでも寝れる

雑誌「SOUL SISTER」のレギュラーモデルとして活躍し表紙に多数掲載。「No.1悪羅ギャル」との呼び声も高いギャル界のカリスマ。