監視社会の奇妙なポートレイト

写真拡大

フォトグラファー、ジェイコブ・バージは、東京の街中を撮影して奇妙な作品をつくりだした。顔の一部がカラフルな枠にはみ出しているその作品集が示すのは、自分の姿がさまざまなテクノロジーで監視されている現代社会だ。

「監視社会の奇妙なポートレイト」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/9

3

3/9

4

4/9

5

5/9

6

6/9

7

7/9

9

8/9

10

9/9

顔認識システムは、あらゆるところに存在する。Facebookは、たとえあなたの顔が写真に隠れていたとしても、あなたがどんな顔をしているか知っているし、Googleは子ども時代のスナップ写真のなかから、あなたを見つけ出すことができる。カジノや銀行、高級小売店に入れば、防犯カメラがあなたを識別する。

ジェイコブ・バージは自身の連作「Face Off」で、偏在するこのテクノロジーを表現している。曰く、「(この写真は)われわれの現在のイメージと監視社会を表現するための、わたしなりの方法である」「この社会のなかで、われわれのアイデンティティは日々デジタル化され続けている」

この英国人のフォトグラファーは日本のひたちなか市に住んでおり、1年前に富士フイルムの「X-Pro1」を使って東京で写真を撮った。彼はかつて顔認識ソフトウエアと監視について読んだことがあり、街路のスナップ写真を使って、その問題を探求してみたくなったのだ。完成したその画像は、写真技術とイラストの中間のようなものだった。

彼の写真は、見る者をどこか不安にさせる。生活が気付かないうちに記録され、分析され、ばらまかれる様を想起させられる。

英国において、警察は暴動を見張り、フーリガンを特定し、音楽フェスを監視しようと、防犯カメラと顔認識ソフトウェアを使用してきた。ボストン警察はこのテクノロジーを、ボストンマラソン爆弾テロ事件のあとの、2013年ボストンコーリング・ミュージック・フェスティヴァルで使用した。14年にはFBIが顔認識ソフトウェアを使用したデータベース「Next Generation Identification system(次世代生体認証システム)」をローンチした。これは、いま増えつつある、顔認識ソフトウェアを使用した生体認証のデータベースだ。このデータベースにはすでに顔写真、防犯カメラ、通常の犯罪歴調査から抜粋された2,300万枚の写真が収められている。

米国では顔認証技術に対応する連邦法はまだなく(イリノイ州とテキサス州には州の規制はあるものの)、15年7月の米国政府監査院による報告書では、ビジネス環境における顔認証技術の使用の範囲については、十分に知られていないことが明らかにされた。

多くの人々にとって、自分の写真がいつ、なぜ撮影されているのかがわからないのは不安を引き起こすものである。「近ごろは、何が監視され、または保管されているのか、そして国民の一員がどのように監視対象として選ばれるのか、100パーセントの確信をもてません」とバージは話す。

もちろん、このプロジェクトは、いくらかの皮肉も含んでいる。「わたしが外に出て、同意もなく手当たり次第に人々の写真を撮って、この監視社会に対して物申そうとそれを使っているわけですから」とバージは言う。

TAG

Facial RecognitionGalleryPhotographPrivacyWIRED US